会社の紹介

会社の紹介

Gintech Energy Corporation(昱晶能源科技)は地球を守るという使命感を抱き、台湾の半導体、石油化学、電子科技、財務など各分野のエリートによって共同で設立されました。経営陣のラインアップは強力で、加えてトップレベルの研究開発と技術コンサルタントにより、全方位的に発展する潜在力を秘めています。2005年8月の設立以来、Gintechは業界内で急速に足場を固めており、創業一年後には新興勢力として、二年後には上場企業として、売上高の新記録を樹立しています。

2006年7月に量産を始めて以来、Gintechは太陽エネルギー電池の生産と機能の向上に力を注ぎ、わずか二ヶ月の間に製品良品率と光電変換効率は業界最高水準に達しました。新竹サイエンスパーク(科学園区)A工場区では2007年の時点で生産を開始し、総生産能力は870メガワット(MW)に達して、世界最大の太陽エネルギー電池生産工場となりました。

Gintechは引き続き戦力を保ち、製品の機能とサービスの質を積極的に高め、良質な結晶シリコンを採用した国際的モジュール生産工場で太陽電池を生産しています。現在販売網はドイツ、スペイン、イタリアを始めとするヨーロッパ各国、アメリカ、日本、中国、インド、韓国を始めとするアジア地区に広がっており、海外販売率は95%を超えています。

我々は長期的に原料を提供するという協力モデルで、国際的な大工場と安定的な供給関係を築いてきました。併せて計画的な生産拡大により規模に見合った効率を発揮し、2011年には1.5GWの生産能力を有する予定で、世界十大太陽エネルギー電池メーカーに名を連ねます。現在当社は上流では原料とウェハーチップメーカーと、下流ではモジュールメーカー及びシステム統合された代理店と戦略的同盟関係を打ちたて、産業の垂直的統合効果の発揮と、競争力の向上を図ることを計画しています。