環境保護

環境保護

太陽エネルギー光電を推進、地球の生態を保護

人類は前世紀に光り輝く工業発展の成果を開始しましたが、化石燃料を過度に使用し、地球環境を深刻に破壊し、温室効果を引き起こして、気候の急激な変遷を招きました。1990年~2100年の間に、地球表面の平均気温は約1.4~5.8℃上昇し、海面は11~77 cm上昇して、18~35%生物の種が絶滅します。

ソーラー発電は未来世界の電力供給の主流となり、その応用は二酸化炭素の排出を効果的に減らすことができ、温室効果を改善して、気候変化の危機を避けることができます。太陽エネルギー産業が将来拡大すると、EPIA (ヨーロッパ太陽光発電産業協会)は、2030年にはソーラー発電が毎年地球上の二酸化炭素排出量を1億トン以上減らすことができると予想しており、300基の火力発電所(毎基毎年平均750MWの発電量で計算)、或いは2004年のインド全体の二酸化炭素排出量に相当します。

Gintechは2005年から太陽電池の生産に投入し、全世界の太陽エネルギー光電の応用の普及に推進し、環境保護のため、心を尽くしています。2010年、827MWの太陽電池を産出し、モジュールにした後、1年365日、毎日平均4時間(1,000 W/m2)の日照で計算すると、1年間12.07億度の発電量に達します。地球のため約721,000トンの二酸化炭素を抑制することができ、2,172 km2のスギの森林が吸収できる二酸化炭素の能力に等しいのです。またGintechの2010年の産出成果は、阿里山国立公園(327 km2) 6.39個分に相当します。

現在台湾全土には約400 km2のスギの森林が残っているだけです。Gintechが2010年に産出した827MWの太陽電池で発電した結果、減らせた二酸化炭素排出量は、台湾の全スギ森林が台湾の生態に貢献した量を上回っているのです。

(太陽エネルギー光電システムは電力出力1度あたり、平均0.6 kgの二酸化炭素の排出を減らすことができます;スギ1本で毎年約14.4 kgの二酸化炭素を吸収することができます;スギ森林の植栽密度、木と木の間隔は6.57 mです)