環境安全政策

環境安全政策

昱晶は太陽電池の製造及び研究開発に尽力し、既存の電力エネルギーを迅速に太陽エネルギーに取って代えることを推進し、環境保護の永続的発展に最大の貢献をしています。法令規則がわが社の管理運営の基本要求です。環境汚染と職業災害のリスクを下げ、資源を有効利用し、従業員に健康で安全な仕事の環境を提供することこそが、わが社の永続的経営の目標です。上記目標を達成するため、私どもは持続的な改善を承諾するとともに力を尽くします:

法規の要求を遵守

国家の環境保護と安全衛生に関する法令規則を遵守,先進的な国際環境安全基準と組織が署名したその他要求事項を達成します。

環境安全意識の普及

環境安全衛生教育と宣伝を実施して、従業員の環境安全意識を高め、参加を促進すると同時に環境保護と安全衛生作業を実行します。

問い合わせ・参加・コミュニケーション

従業員とその代表と相談を行い、社員とステークホルダーとの交流を強化します、ポリシーと関連情報の伝達パイプを確立すると同時に適切な対応をします。

環境安全のリスクをコントロール

適切な防護施設や作業管理を提供し、生活廃水、廃棄物の分類、フォークリフト作業、高所からの墜落、危険物管理などによって引き起こされる衝撃を管理します。

業績の持続的改善

傷害と不健康を予防することで、改善を続け、目標と方案を制定し、環境保護と職業の安全衛生の業績を持続的に改善します。