環境安全管理システムの検証

人類は前世紀において輝かしい工業発展の成果を収めました。しかし石油化学燃料の過度な使用により地球環境を深刻に破壊し、温室効果を引き起こすとともに、気候の急速な変化をもたらしました。Gintechでは2005年から太陽エネルギー電池の生産に従事し、全世界における太陽エネルギー光電応用の普及化を精力的に推し進め、環境保護に努力してきました。当社は一貫して「環境安全政策:法令の要求を遵守する、環境安全意識を普及させる、情報伝達に参与する、環境安全のリスクを抑える、引き続き業績を改善する」ことを堅持し、観音工場と新竹サイエンスパークA工場は更に2007年12月にISO14001環境マネジメントシステムとOHSAS 18001労働安全衛生マネジメントシステムの検証に同時にパスし、2010年12月にはISO 14001とOHSAS 18001労働安全衛生マネジメントシステムの再検証に同時にパスしています。新竹サイエンスパークA工場と観音工場はそれぞれ2010年1月と2011年1月にTOSHMS台湾職業安全衛生マネジメントシステムの検証にパスし、2011年12月にはISO 14001、OHSAS 18001、そしてTOSHMS台湾職業安全衛生マネジメントシステムの定期検証に同時にパスしています。新竹サイエンスパークB工場は2012年1月にISO 14001環境マネジメントシステム、OHSAS 18001労働安全衛生マネジメントシステム、そしてTOSHMS台湾職業安全衛生マネジメントシステムの検証にパスしています。総機構および各工場は2013年12月に同時にISO 14001、OHSAS 18001とTOSHMS環境安全衛生管理システム認証を再取得しました。

Gintech Energy Corporation.は永続的な経営環境の創造に努力し、また環境保護並びに職業安全衛生の実績を継続して改善しています。当社の職業安全衛生管理システムの実績は、労働委員会の審査と現場での実地審査を経た結果、90点以上の評価を受け、しかも近3年の総合傷害指数が同業平均値の4分の1以下である事から、2012年10月05日に労働委員会職業安全衛生管理システムの実績認可で最高栄誉の10年認定を取得しました。これは太陽発電同業の中で唯一労働委員会実績認可の最高栄誉10年を取得したことになります。

昱晶能源科技は、各種安全衛生管理措置と健康促進活動を推進し、会社安全衛生管理成績と安全文化を高め、従業員の健康を促進し、積極的に政府機関各種活動に参加し、直接政府機関と良好なコミュニケーションを行い、会社企業イメージを高め、同時に積極的に「台湾太陽光電産業協会」と「台湾科学工業園区科学工業同業公会」に参加し、同業者と会社が工事安全、環境保護と消防法令議題を解決するのを助けます。弊社安全衛生管理成績と安全文化推進結果によって、科管局2013年度労働者安全衛生推進優良部門の栄誉を獲得しました。その他、健康促進作業成果方面で,苗栗県衛生局推薦を獲得し、中区健康職場推進センター審査委員が工場現場で評価した結果,国民健康署2013年度全国優秀健康職場の栄誉を獲得しました。

GINTECHはまた、「ISO 14064-1」と「温室効果ガスプロトコル」への要求を参照し、国際的カーボンフットプリント標準の「PAS 2050:2008」を遵守して、2011年6月1日にはISO 14064-1温室効果ガスの第三者検証に、そして2011年10月24日にはPAS 2050:2008製品カーボンフットプリントの第三者検証に、それぞれ合格しました。しかも当社のエネルギー節減と二酸化炭素排出削減の効果を理解し、将来国内温室効果ガス減量法が実施されることに対応するため、三年度連続で自主的に温室ガスチェック作業を行い、2013年度はさらに温室ガスチェック範囲を別の工場に延長し、ISO 14064-1温室ガスチェック第三者認証を獲得しました。

          

  • 2013年12月ISO 14001、OHSAS 18001とTOSHMS認証更新
  • 2013年11月国民健康署2013年度全国優秀健康職場の栄誉を獲得
  • 2013年9月科管局2013年度労働者安全衛生推進優良部門の栄誉を獲得
  • 2013年6月竹科A工場と竹科B工場がISO 14064-1温室ガスチェック認証を獲得 (認証年度2012年)
  • 2012年10月労働委員会による職業安全衛生管理システム実績の認可を取得
  • 2012年6月竹科A工場がISO 14064-1温室効果ガスインベントリの認証を取得(査証年度100年)
  • 2012年1月、新竹サイエンスパークB工場はすでにISO 14001、OHSAS 18001、そしてTOSHMSの認証に合格
  • 2011年12月、観音工場と新竹サイエンスパークA工場はすでにISO 14001、OHSAS 18001、そしてTOSHMSの定期認証に合格
  • 2011年10月、PAS 2050:2008製品のカーボンフットプリントの検証に合格
  • 2011年6月竹科A工場がISO 14064-1温室効果ガスの検証に合格(査証年度99年)
  • 2011年1月観音工場がTOSHMA認証に合格
  • 2010年12月OHSAS18001認証交換に合格
  • 2010年12月ISO14001そしてOHSAS 18001認証交換に合格
  • 2010年1月竹科A工場区TOSHMS認証に合格
  • 2007年12月OHSAS18001認証に合格
  • 2007年12月ISO14001認証に合格